The American Dream, Room 2018 

Recap

About the Show

The American Dream, Room 2018 is American hyperrealist artist Pia Sawhney's latest solo project and first installation. The temporary exhibit translates Pia's playful yet dark art on 2D surfaces into filling 3D spaces, bringing the viewer into a world that is a mirror of American life with a caustic twist. It is a modern, immersive, and experiential spin on the white-wall gallery experience.

Viewers walk into the American  dream home—complete with picket fence and freshly mowed lawn—but upon closer look, they find a disruptive subtext. Guests explore each wall/room within The American Dream, Room 2018 and uncover Pia’s dystopian view of contemporary life in the United States. With immersive artwork throughout, the viewer steps  into the truly ironic and dreamlike world of Sawhney’s creation. 

Pia integrates the playfulness of immersive set design with detailed and finely crafted paintings and installations. Inspired by the curiosity encouraged in video games, Pia recreates the nosiness we've been taught to suppress in an Instagram sandbox paradise. If you were to enter someone's house, would you sift through their cabinets? What would you find? The American Dream, Room 2018 is Childish Gambino's "This is America" meets Museum of Ice Cream in a GTA world. 

For more behind the scenes, checkout @psthatsme on Instagram

ショーについて

ハイパーリアリズム(超写実主義)の芸術家、ピア·ソーニーの最新作である『アメリカ ン·ドリーム、2018号室』は、彼女のダークでありながら遊び心のある一面を存分に生 かした展示となっている。二次元から生き生きとした三次元空間に引き込まれる彼女の作品 たちは、現代の米国での生活を辛辣に表現している。

 ã¾ã£ã•ã‚‰ãªãƒ•ã‚§ãƒ³ã‚¹ã«é’々とした芝生。来場者たちはまず最初にアメリカン·ドリームと呼 ばれる”理想の家庭”が完成された家に迷い込む。しかし眼を凝らして足を進めると、そこにはソーニーが表現する陰鬱なアメリカン·ドリームの真の姿が少しずつ現れる。来場者たち が自ら足を進め、夢の真実に迷い込む世界観は皮肉的であり、夢のようにも捉えられる。 

彼女はテレビゲームに求められる探究心と好奇心から発想を得て、SNSの普及と共に我々に 染み付いた詮索好きで知りたがりな部分を存分に舞台にちりばめた。−あなたは誰かの家に入ったら、引き出しの中を散策するだろうか?チャイルディッシュ·ガンビーノの楽曲「デ ィス·イズ·アメリカ」と「アイスクリーム·ミュージアム」の2つを「グランド·セフ ト·オート」を舞台に掛け合わせたかのような世界観、それが『アメリカン·ドリーム、2 018号室』である。

もっと知りたい方はこちら @psthatsme


About Pia

Pia Sawhney is a contemporary American hyperrealist artist based in New York City. Self-taught, she works with both traditional and digital media. Medium aside, her goal has been to create pieces of work indistinguishable from photography, while simultaneously trailblazing a new way to experience paintings in galleries and legitimize digital painting in the traditional art community.

ピア·ソーニー

ピア·ソーニーはニューヨークを拠点に活動をするアメリカのハイパーリアリズム(超写実主義)の芸術家である。写真と見分けがつかないようなリアルさ、そして同時に伝統的なアート界に新しい風を吹かすことをゴールに彼女は活動している。独学で学んだアナログやデジタルなど、型に嵌らない様々なメディアを使って表現をしている。 ãƒ”アは芸術家であると共に、グローバルな歌姫であり、ピアニストであり、女優、モデル、 写真家、−−様々な顔を持つ。


Notable Collaboration

Spike Lee, Tonya Lewis Lee, and Jackson Lee - The Lee family wrote about what the American Dream means to them for the exhibit, which can be seen below. 

Courtney Buckland - resin cubes, Bible, pill plates, art inside cabinets

Mike Philips - gun doodle journal


Exhibit Details

Opening Night 9/19 (6-9pm) - 300 visitors
DJ - Madison LST

Thursday, 9/20 (1-9pm) - 400 visitors

Friday - Sunday, 9/21 - 9/23 (9am-9pm)- 1,242 visitors

Gallery capacity of 50 people at a time


Sponsors

Simple Vodka
Peroni
Red Bull



Original Artwork

All pieces below are 2x2' original paintings on canvas. 



Concept

Time to Create: 1 day


Floor Plan

Empty Gallery

3D Renderings vs. Reality

Using Format